当ブログは2022年4月21日より、NFTブログ『たけらとん』に変更しました。

【速報】OpenSeaが大改悪?発行制限について(訂正)

  • URLをコピーしました!

22年1月28日訂正

今回の改修は見送りになりました。

しかしながら、元々はFakeやSpamへの対応策との追記がされたため、将来的にどうなるかは不明です。

どうも☝

タケラトンです🦎

今回は別の記事を執筆中でしたが、急なニュースが飛び込んできたので『ショート記事』というカテゴリで書かせていただきます。

短くざっくりまとめた記事と思って頂けたらOKです😎

今回のニュースはコレです🔥🔥🔥🔥



目次

OpenSea/クリエーターツールの制限

話題となっているツイートがこちら👇👇

記事

OpenSeaのサポートが、クリエーターツールを最大5つのコレクションと50個のアイテムに制限するという発表をきました。

まだ詳しい事は発表されていませんが、クリエイターさん達の反応からは、OpenSeaの1アカウントでクリエイト(NFTを作成)できるのは、最大250個になるのでは?という受け取り方をしているようです。

まだOpenSea側も確定とはしておらず、『この対応をしたらどんな影響があるかい?』的なツイートも続いてリプライされてました。

コレが認識通りの事実なら大事だ…。

考えられる影響は?

  1. クリエイターさんが複数アカウントを持つ
  2. OpenSeaから別のプラットフォームへ大移動
  3. 引退者続出(やめてー)

上記3つは、想定される動きかと思います。

これはどこまでいってもクリエイターさん泣かせの改悪ですね💧

「2」の移動も考えられるのですが、それこそ今の市場ボリュームを受け入れる事ができる受け皿(プラットフォーム)があるかどうか…。

コレはOpenSea以外のプラットフォームネタを考える必要があるな🤔

とりあえず引退者は出ないようにサポートに頑張ってもらうしかないですね(^_^;)

最後に

今回のような改訂は、開拓中の市場では今後も起こりうる案件かもしれません。

資産同様に、色々なプラットフォーム/ウォレットで分散管理していく必要があるのかもしれませんね。

今回の記事はココまで。

では、また🖐

(タケラトンは夜中に目が冷めた)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次